愛車を買い取ってもらう際や、また自動車の売却のさいも印鑑証明というものが必要になってきます。

それではこの印鑑証明について説明しましょう。

印鑑証明というのは、その印鑑が実印で間違いないという事実を保証する目的の公式な書類です。

この印鑑証明がないと使っている印鑑が実印で間違いないことが保証できません。

決して小さくない商談になる該当する車の買い取りですから必然的に実印が必要ですがそれとセットで印鑑証明書が登場します。

印鑑証明書を実際に発行するためにはまず印鑑証明しておかなければなりません。

登録する印鑑は通称、実印と呼ばれていてこの世に一つだけのはんこでなくてはなりません。

実印を準備して自分が住む市町村役場の取次ぎ所へいけばすぐに印鑑登録できます。

印鑑登録をすれば印鑑登録カードというものが発行され登録が完了した印は実印として認められたということになります。

印鑑証明書を交付してもらうには、市町村役場の窓口へ行き、専用の書類に必要項目を記載して印鑑登録カードを持って行くだけで大丈夫です。

さらに自動交付機を使って印鑑証明書を交付してもらう事が可能です。

印鑑証明には有効期限などはありません。

なので、いつ取得した印鑑証明だとしても効力は半永久的に持続するのです。

しかしながら自動車売却の時は必要となる印鑑証明は現在より3ヶ月以内に交付されたものとされています。

通常は期限を定める必要はないのですが車の買取時には業者側が期限を決めているので、買い取りを検討している場合は、最初に手元に置いておく必要があります。

Copyright © 2002 www.softstitchemb.com All Rights Reserved.