「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨を買ったり、売ったりすることによって利益を生み出す商品です。プロアクティブ+効果ないって本当?!@コスメ口コミ評判とは?

トレードの値は常に上がったり下がったりします。マイナチュレの成分を徹底解剖!副作用があるってホント?

これがレートです。安室奈美恵、引退へ!元夫のSAMは再婚していたってホント?

インターネットでニュースをみていると、ドル円やユーロ円のレートの情報が流れる状況があります。

たとえば、「今日のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表現しています。

外為取引には買値と売値の値段が存在します。

売値、買値ではなく、BID、ASKと表示する業者もあったりします。

平常時には買値よりも売値が安くなるものです。

現実に買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。

その差分をスプレッドといい、FX会社の儲けのひとつといわれています。

スプレッドの狭さはFX業者によって変化します。

スプレッドの差は投資家にとって経費になるので狭いFX取引会社をセレクトするほうが得します。

ただし、同じFX取引会社でも場面に応じてスプレッドの広さは広くなったり狭くなったりします。

仮に通常はドル円の組合せでたった1銭のスプレッドの差とは言っても為替相場の上下動がとても激しい状況では大きくなる事があります。

という訳で、スプレッドの広さが狭いのと同様に変化しないということが大切です。

最近では変化しないスプレッドの広さを見せるFX会社も多数存在しています。

実際に業者の取引画面の上で実際のレートを見なければわからないので手間がかかりますがとても重要なことです。

貴重な資金を投資して取引するわけですから、本物のエントリーの前に、興味がある取引会社の取引するための口座開設をいくつもして、表示されているスプレッドを知っておきましょう。

同じ通貨の組合せ、その場面での相場の状況によって、外貨のスプレッドは異なります。

普通は、インターバンクマーケットで流動性の高いペアではスプレッドの広さが狭く別の外貨では広くなるのが一般的です。

Copyright © 2002 www.softstitchemb.com All Rights Reserved.