自己破産手続きを考えている人であなたの債務に対して保証人となる人物が存在する場合は、事前にきちんと話しておいたほうがよいでしょう。さらに、改めて言いますが保証人となる人物が存在する場合は、自己破産手続き以前に前もって検討するべきです。あなたが自己破産をして受理されると補償する立場の人がみなさんの義務をかぶる必要があるからです。なので、自己破産をする前にあなたの保証人にそれらの経緯とか今の状態を報告してお詫びの一つもなくてはならないでしょう。それは保証してくれる人の立場に立つと当たり前のことです。負債者のあなたが破産することでとたんに何百万円もの返済義務が発生するわけです。そうすると、その後の保証人となる人の取れる選択ルート以下の4つです。まず、保証人となる人が「全額返済する」というものです。保証人となる人がすぐに数百万円の債務を簡単に返済できるといったような現金をたくわえているならば、この方法を取ることが可能でしょう。ただむしろ、あえて破産せずにあなたの保証人にお金を貸してもらって、自分は保証人である人に月々返済していくという手順も取れるのではないでしょうか。その保証人が借金をした人と親しい関係にあるのなら、少しだけ返金期間を長くしてもらうことも問題ないかもしれません。保証人がいっしょに返すことができないとしても、貸方も話し合えば分割での返金に応じる場合も多いです。あなたの保証人に債務整理をされてしまうと借金が一円も戻ってこないことになってしまうからです。保証人がもし債務者の返済額を代わりに払う財力がない場合は、あなた自身とまた同じように何らかの方法での債務整理をすることを選ばなければなりません。続く方法は「任意整理をする」処理です。債権者側と相談する方法により、5年以内くらいの年月で完済をめざす方法になります。実際に弁護士事務所に依頼するにあたっての費用の相場は債権者1社ごとにだいたい4万円。7社から借り入れがあるとしたらだいたい28万円必要です。貸金業者との話し合いは自分でやってしまうことも可能ですが、法律の経験と知識がない素人の場合向こうがあなたにとってデメリットの多い条件を提示してくるので、注意する必要があります。任意整理してもらうとしたとしても保証人となる人にカネを払ってもらうことを意味するのですから、あなたも長くかかるとしても保証してくれた人に返済していく必要があるでしょう。3つめですが保証人も返済できなくなった人とともに「自己破産をする」ということです。保証人も債権者とともに破産を申し立てれば、保証人である人の負債もチャラになります。ただし、保証人である人が土地建物等を登記しているならばそれらの私財を失ってしまいますし、司法書士等の職業についているのであるならば影響を受けます。その場合、個人再生という制度を利用するといいでしょう。一番最後に4つめですが「個人再生をする」方法があります。土地建物等を処分せずに債務整理をしていく場合や破産申し立てでは影響が出る職についている場合にメリットのあるのが個人再生制度による整理です。この処理の場合、自分の家は残りますし、破産の場合のような職業の制限、資格制限等は一切かかりません。

Copyright © 2002 www.softstitchemb.com All Rights Reserved.