現実にノートパソコンの画面の前に座っていつも変化しているマーケットを見てしまうと何となくトレードをする衝動に影響される場合も多かったりします。しかしながら、漠然とした勘でエントリーすることだけは断じてしてはいけません。知っての通り、マーケットは昼夜を問わずいずれかの市場はやっているし、相場もどういう時でも、上がったり下がったりします。しかし、だからといって立て続けにトレードを積み重ねると、その回数分だけ損失を被る危険が上がります。確かに売り買いの数を重ねることによってだんだんと稼げる可能性が半々になります。でもその事実は「ぼんやりとした感覚で取引」することとは別問題です。取引回数を積み重ねるということは、自分自身が「ここはいける」と考える勝算を持ったところでのトレード回数を積み重ねるという意味です。格段の理由がなく、のべつ幕なし注文を繰り返すのとは全く違う。為替相場の勝負に勝つためには白分で主体的にメリハリをつけることこそが大事だ。「ここで勝負」と思い至った相場の時にはいっそ保持ポジションを積み増して、徹底的に儲けを追求する。「明らかに頭をかかえる市場で、どう推移するのかわからないな」と思い至った時は、いっそのこと保持ポジションをひとつ残さずクローズして黙っています。それぐらいのメリハリがあったほうか、結果的にはエントリーはうまくいくものだ。相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。文字通り言葉どおりだと感じます。外国為替相場とは、いつもポジションを所持する事が大事ではなく何も所有せずじっと待っている事も場面によっては、相場です。それでは、どのタイミングで休む必要があるのでしょうか。ひとつめは、前述したように、これからの為替相場が明確によく見えない時。これからどちらにいくのか決める事が出来ない時は、分からないまま行動すると、書いた脚本とは違った方向に相場が推移してしまい損失を被ることになる。だから、そういった場合はポジションを整理して、静観しているのがいいでしょう。もうひとつの場面は、自分自身の体調が悪いときです。健康状態と為替相場に関係がない考える人もいると思いますが現実には思いのほか関係があります。コンディションが悪い時はマーケットの大事なところで、落ち着いた判断ができません。興味がわかない時は外国為替相場から距離を置くことも大事な事です。

Copyright © 2002 www.softstitchemb.com All Rights Reserved.